GO! ララ、GO! (27)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3721.html

 

二十七 死中に活を求める

 出張を終えたハワードが上海に戻ると、アシスタントがさっそく分厚い書類の束を抱えてやってきた。全て彼のサインを待っていた清算書類である。ハワードは威海営業所の書類に目を止め、顔をしかめた。威海営業所の前四半期の売上は全国最下位、ろくな商売もできないのに事務費用は一人前に請求してくる。この営業所はハワードの悩みの種になっていた。威海営業所以外にも、他にも多くの営業所がノルマの達成度を考慮することなく経費を使って本部に請求してくる。必要経費を出すのはやぶさかではないが、せめてそれに見合う利益を出してくれ。利益の出ない営業所は閉めたほうがましだ。

 ハワードはピーターとレスターを呼び、営業所の統廃合について話し合うことにした。ハワードの現状説明によると、DBは中国内に三十か所近い営業所を有している。最も規模が小さい営業所はスタッフ十人程度で当該地域の業務をカバーしている。オフィスを使用するスタッフの大多数はファーストラインの営業マンであり、彼らは毎日ほとんど外回りをしていて、取引先が営業所を訪ねてくることもほぼない。オフィスは週一回の定例会議を開くだけの場所となっているが、会議だけなら社外の会場を借りることも可能だ。我が社では何かと言えばすぐに営業所を設置するが、その必要はあるだろうか。

 ピーターは生まれながらの経理マンである。どの部門が経費を請求しても彼は自らの肉を削がれるような反応を示す。たとえ明らかに必要経費だと分かっていても、さらに彼の手中に潤沢な予算があったとしても、あるいは会社のポリシーに合致していても、彼はきまって各種の分析レポートを提出させる。だが提出させたレポートをすぐに見ようともせず、良いと悪いとも言わないどころか、さらにあれこれと質問し、最後にはより詳細に分析したレポートを出すように要求するのが常であった。彼の要求を満たすレポートを作成するのは財務の素人にとっては極めて苦痛な作業である。様々な専門的な分析を行い、非の打ち所がない段階になってようやく経費が下りる。これにはゆうに三か月を要する。ピーターからあっさり金がもらえるなんて思わない方がいい。彼は偶然にもユダヤ人の末裔だったので、裏では社員たちから「ゴリオ」と呼ばれていた。あだ名の由来はバルザックが描いた「ゴリオ爺さん」、つまり守銭奴という意味だ。誰かがゴリオにcost saving(支出削減)の話をすれば、彼はたちまち目を輝かせ満面の笑顔で、両手どころかできることなら両足まで挙げて賛成しようとする。まことに愛すべき守銭奴である。

 もし一部の営業所をクローズできれば、少なくとも家賃、水道光熱費、不動産関連費用などをまるまる節約でき、パソコン、コピー機、プリンター、オフィス家具、什器設備など一連の固定資産も不要となる。また、スタッフ全員がHOME BASE(自宅兼オフィス)勤務となれば、受付事務員を残しておく必要もなく、その分の人件費を営業チームにまわすことができる。ピーターは話を聞いただけでワクワクした。経費節減が可能だ! 彼は一も二もなくハワードの意見に同調した。
 レスターも賛意を表明した。各営業所にはフルタイムの総務担当スタッフが配属されず、各所長も行政関連の事務には不慣れである。そのため商業登記や税務関連の書類も乱雑に扱われ、営業許可の延長届を忘れて罰金を課せられることも珍しくない。所長交代時に行政関連事務の引き継ぎを怠った結果、後任者は商業登記書を一度も見たことがないという事態まで起こっていた。さらに、社印の管理も問題になっている。営業所長が社印をでたらめに押して会社に迷惑をかけ、姿を消したことがあったのだ。そこでレスターは主に会社のリスクを避ける立場で一部営業所のクローズに賛同した。

 生産性の上がらない営業所をクローズする方向で三人の意見がまとまった。次なる議題は、どの営業所を、どのような手順で閉めるか、閉鎖後にどのような問題が起こるか、問題をいかに解決するか、そもそも誰がこのプロジェクトのリーダーになるか、である。
 誰から見ても労多く見返りの少ない仕事だ。営業チームは既得権益を守ろうとし、本部長たちは自分の管轄内にある営業所の閉鎖に反対するだろう。今後の取引も営業所に頼らざるをえないのに彼らをどう説得すればいいのか。

この決断が複数の部門を巻き込み、各地のスタッフに影響を与えることは誰の目にも明らかだ。DBのような非常に大きな組織でこのプロジェクトを実施するとなるとプロジェクト・リーダーを五~六か月はこの仕事に貼りつけなければならず、むしろそれで完了すれば早いほうだ。
 ピーターはすぐにレスターにこの仕事を押し付けようとした。彼は口から出まかせに三つの理由を並べた。
「レスター、役所に提出する各種の許可申請は君の部署が各営業所との連携を受け持っている。社印の取り扱いもしかりだ。また君たち人事はスタッフ管理も担当していて各営業所長とも顔見知りだから話がしやすいだろう。お宅が仕切ったほうがいい」。
 古狸のレスターは当然このhot potato(厄介な仕事)を引き受けるのは遠慮したいと思った。「ゴリオ」君に公然と楯突くわけにはいかないが、彼は別に財務担当副社長を恐れてもいないし、さらに営業を統括する本部長でもない。DBで最も大きな顔をしているのは営業部とマーケティング部で、彼らは会社のために金儲けをしている自負から社内でも肩で風を切って歩いている。しかしその彼らもピーター財務大臣の前では借りてきた猫のように大人しくなる。一方、人事予算は透明性が高く変動の余地がないし、レスターも「ゴリオ」に管理される部下ではない。レスターは落ち着いた調子で話し出した。

「どこの営業所を閉鎖してどこを閉鎖しないか、明確に線引きする必要がありますね。そうでないと営業が反発するでしょう。どこで線引きするかを決めるには過去のデータまで掘り起こして検討しなければなりません。営業所の統廃合が進めば様々な変化があることが容易に予測されます。経費が最もわかりやすい部分ですが、どの程度まで経費削減が可能か、新たに予算配分が必要な経費にはどのようなものがあるか。例えば貸し会議室をレンタルするなら、各地域に予算を割り当てることになりますが、どれくらいのレンタル料金が必要か先に話し合って決めておくほうがいいでしょう。多く与えれば会社は損をするし、足りなければ営業のやる気を損ないます。営業の部門長の協力を仰ぐには最も適切なバランスで予算をコントロールすべきです。財務は各種データをもっとも明確に把握していますし、各項目の予算管理はGL(general ledger、総勘定元帳)で、固定資産はTreasurer(財務責任者)が担当しています。財務から部長か副本部長を指名して担当させるのが適切だと思われます」。

 この二人はその後数回行われたミーティングにおいてもそれぞれ相手チームがプロジェクトを担当すべきだとの主張に終始した。ピーターは十分に言葉を尽くして見解を述べたつもりだったが、レスターは決して屈服しようとせず、苛立ったピーターに睨まれ威圧されても、顔色一つ変えずその視線にfight back(反撃)し睨み返した。
 ハワードはそろそろ自分が話をまとめる頃合いだと思った。この仕事を最もうまく遂行できるのは誰だろうか。彼にとってこのプロジェクトを実施する目的は支出削減や行政関連事務のリスク回避より、むしろ営業部に売上高というプレッシャーをかけることであった。
 ピーターの下にいる副本部長は能力も経験も申し分ない。プロジェクト・リーダーにはもってこいだ。レスターの部下はララだったな。
 実はハワードが営業所問題を提起したのは今回が初めてというわけではない。以前にも専任者を指名して試行したことがある。しかし、営業所を管轄する各部門長のニーズに対する理解が不十分で、多くの具体的な問題に適切な解決策を見いだせず、そのために営業部から大きな反発を招くことになった。結局最後にはうやむやに終わってしまったのだった。 ハワードは、この件を成功させるには、頭脳明晰で部門間の利益調整を積極的かつ主体的に行うことができ、細々とした具体的な問題解決に誠意を以て取り組み最適なソリューションを探し出すことができる人材が必要だと考えた。積極的かつ主体的に働き地に足のついた仕事をする者と言えば、ララこそ彼が社内で最も高く評価している社員である。さらに、ララは昇進したばかりなので全社的なマネージメントについてしっかりと学んでもらいたいとの配慮もあった。彼女がこのプロジェクトを一通り経験すれば会社の中核を担う営業部の仕組みを理解できる。これは彼女にとっては非常によい機会である。また、彼女はこの業務を通して財務、仕入、営業、マーケティングなど他の主要各部門の管理運営に関する知識も得られるだろう。

 ハワードが腹を決めてレスターに「この件はララに任せたいと思う」と言うとピーターもすぐに同調した。
「それはいい。ララは仕事が早くて信頼できるし、コミュニケーション能力もある。彼女なら営業も賛成するに決まっている」。
 ハワードが意見を表明したら、レスターには反論する勇気はない。なにしろ彼は自分のボスで、財務VPのピーターとはわけが違う。レスターの社内評価はハワードの胸一つで決まるからだ。レスターはそれでも最後の抵抗を試みた。

「ウェンホアが辞めて後任がまだ決まっていません。それにララに任せている採用業務の負担も大きく、部下の課長たちも入社したばかりです」。
 ハワードは確かにそうだと思い、少し考え込んでからレスターに言った。
「新たな仕事をさせるときには必要なリソースも提供すべきだな。ではこうしよう。まずララ自身の意向を確認してくれ」。
 ピーターは慌てた。レスターからララに話をすれば、ララは結局レスターの意見に同調してしまうに違いない。彼は急いで提案した。
「今ちょうどララが上海にいるはずだから、ここに呼んできてはどうでしょう。彼女の意向を直接聞いてみましょう」。
 ハワードは、「それもいいだろう」と微笑んだ。

レスターが「じっくりとよく考えてから決断しなさい」と助言したにもかかわらず、ララはこのプロジェクトの重要性を考えもせず、ただハワードの自分にこの仕事を任せたいという意向だけを受け止めて、何のためらいもなく引き受けた。ピーターは内心小躍りしてララの肩を叩きたい気持ちだった。しかし彼は堅物で内気な性格から女性社員の肩を叩いたことがなかったので、手は中途半端に空中に上がったまま止まっていた。ハワードはララに「各部門からどんなデータを提供させる必要があるかを整理して提出するように」と命じて彼女を自席に戻らせた。

 レスターは心の中で頭を横に振った――まだまだひよっこだな。事の重大さが分かっていない。これは自分をひけらかすチャンスなどではないんだ。この仕事がどれほど営業の怒りを買うか。営業は手ごわいぞ、やつらは虎でハワード社長はライオンだ。ララ、君は虎とライオンの間で板挟みに合い死中に活を求めることになるんだ。

 ララはこの任務が決して容易いものではないことも、直属の上司であるレスターが消極的であることもわかっていた。しかし彼女はすでに結論を出してしまったのだ。レスターの意向に従っても昇進や昇給が望めるとは限らないし、従わなくても不利な立場になるとは限らない。しかしハワードは違う。自ら望んで引き受けた仕事であっても、あるいはそうでなくとも、彼女はやはりハワードの期待に応えることを優先した。

 事はここまできてしまった
レスターは誰を非難することもできない。部下が彼の意向を最優先しなかったそもそもの原因は彼自身にあるからだ。このご時世、社長が部下に「君が会社に何を要求できるかは、君が会社に何を貢献できるか次第だ」と言うだけでなく、部下も「自分は何をすれば会社から何を得られるのか」と問い返す。信望と権力は結びついている。power(権力)がなければ、admiration(信望)もない。

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (26)

 

 二十六 上司と部下の相性

ウェンホアの退職が決まってから、北京オフィスではララの部下となる総務課長を募集することになった。折よく北京出張中であったレスターが応募者二人の面接を行い、どちらも検討に値すると考えてすぐにララを北京に呼んで一人を選ばせることにした。

 ララは二人のレジュメを見てレスターに尋ねた。

「この二人にはそれぞれどんな長所がありますか。どちらが我が社にふさわしいでしょう」。 

「君の判断に影響するとよくないから意見は控えておくよ。まずこの二人に会ってみてくれ。話はそれからだ」。 

 一人目はやや覇気に欠け、間延びした話し方をした。返答も反応もピントがずれていて、欲しい人材とは思えない。二人目はジョウ・リャンという三十過ぎの男性で、顔つきからして頭がきれそうに見えた。言葉遣いや立ち居振舞いも礼儀正しく、謙虚さのうちにプライドの高さを秘めた北京の若者に特有の雰囲気がある。レジュメを見ると、最初はICIで人事課長まで務め、現在は無名のインド系IT企業で人事部長として勤務している。

 ララはまず志望動機を尋ねた。

「なぜこのポストに応募しようと思ったんですか?」 

 ジョウ・リャンは、人事部長になりたくて年初に今のIT企業に転職したのだがどうしても企業文化に馴染めないので、と正直に答えた。現在の会社に融け込めないせいで気が滅入ってしまい、最終的な結論として自分は中小企業で上に行くよりも専門性のある大企業で課長として地道に働きたいと考えるに至ったのだと説明した。

 ララはそれもいいかもしれないと思った。今まで苦労してきたぶん次の仕事を大切にするだろう。期待が大きすぎると失望も大きくなるが、その心配もない。ララはさらに質問を続け、採用および総務で八年間の業務経験があることも聞き出した。これはまさにララが求めていたものだった。ララが特に気に入ったのはジョウ・リャンの筋の通った話し方である。彼女は少し考えてからこう尋ねた。

「自分をせっかちだと思いますか、それとも気が長いほうですか」。

「どちらかと言えば、せっかちですね。」

ララはこの答えに満足した。彼女の部署は多忙な時期にあり、せっかちな人間でないとテキパキと仕事をこなすことができない。彼女はその場で彼を採用することに決めた。

 そしてすぐにレスターに電話をかけ、ボスの意見を聞く前に自分が採用決定に至った経緯を一通り説明した。レスターは本音ではもう一人のほうがふさわしいと思っていたが、ララ自身がジョウ・リャンを選ぶと言う以上、彼女の決定にあまり口出ししたくなかった。
 彼はジョウ・リャンと面接したときのことを思い出した。表面的には謙虚で礼儀正しいが、かなりプライドが高い印象を受けたし、採用業務の経験が八年もあるため、ララは彼を管理しにくい恐れもある。レスターはやはりララに忠告しておいたほうがよいと思い、遠回しに言った。

「北京オフィスにはかなり個性的な部長が何人かいるが、ジョウ・リャンがこれから彼らと一緒に仕事をするうえで支障が出る可能性があるとは思わないかね」。

「過去にそういう問題に対処した経験があるか聞いてみたのですが、かなり世渡り上手な人だと感じました。また、最近キャリア形成に挫折してしまったようなので慎重になっているはずです。たぶん問題ないと思います」。 

レスターは、この人選は理想的とは言えないまでも、さほど大きな問題は起こらないだろうと考えた。それに何といっても今後はララの部下になるのだから、直属の上司である彼女の目に適うことがより重要だ。一歩譲って言えば、今回の結果があまり理想的でなかったとしても、ララ自身に実際の採用を経験させてこそ、彼女の成長を促すことができる。レスターは腹を決めて、ララに尋ねた。

「彼にはいくら給料を出すつもりかね?」。

「本人は七〇〇〇元を希望していますが、私は七二〇〇元にして彼の満足度を上げたい思っています。最初から好印象を与えれば、安心して仕事に打ち込んでもらえます」。 

「問題ないだろう。ワン・ホンに連絡して、彼がOKしたらすぐにOFFER(採用通知書)を出そう」。

 DBは速やかにジョウ・リャンにOFFERを出した。彼は提示された給与が自分の希望よりも少し高いことを知るとやはり嬉しさを感じ、すぐにララに電話をかけて指定された着任日には必ずDBに出社すると伝えた。ララは彼が給料の件で自分に礼を言うだろうと思っていたが、彼は最後までそれについては触れなかった。

 上海オフィスでもこの数か月ずっと総務課長を募集している。ララは二百通以上のレジュメに目を通したせいで、却って誰を選べばいいのか分からなくなってしまっていた。レスターは、ララは自分の仕事だけで相当疲れているのに課長一人の募集にそんなに時間をかけるべきではない、決めるべき時には決めなさい、とアドバイスした。そして、彼女のために優秀な人材を見つけてきたので会ってみないかと提案した。

 二十七、八歳の上海女性、肌が透き通るように白く血管や骨まで透けて見えるようだ。痩せていて、座っていても一七〇センチメートルほどの長身であることが分かる。一般的に上海女性はファッションに敏感だが、彼女は何とも複雑な服装で面接に臨んだ。丈の長い服と短い服を幾重にも重ね着し、面接に来たのにつま先の皮がめくれた革靴を履いている。がっしりした太いヒールのついたその靴は上海の街中を探しても買えそうにないデザインだ。無造作に結わえたポニーテールの髪は非常に長く、下ろしたら腰のあたりまで来そうだが、ろくに手入れをしていないようで頭頂部はボサボサしていた。ヴィッキー・チャオと同じくらい大きな眼でララを見つめている。普通の応募者のような遠慮がちな様子はなく、ただクールにそこに座ってじっとしていた。ララが笑顔で挨拶をするとようやく返事をしたが、顔は少しも笑っていなかった。

ララは一目で気に入らないと思った。彼女は自分に対して全く敬意を払っていないようだ。さらに彼女の服装もララの目には奇妙に映った。ララは彼女に好感を持てなかった。面接中は表向きでは礼儀正しく答えていたが、彼女からの質問はどれもひねくれていて悪意が感じられた。

 ララは最初に彼女が現在いる会社の社員数とオフィス面積、自分の部屋を持っている社員数を尋ね、さらに十分ほど一般的な質問をした。

その後、ララは急に話題を変え不意を突いた。

「会社で使っている交換機の型番は分かりますか?」

 普通は交換機のメーカー名は知っていても型番まで答えられる人間はめったにいない。ララはこの質問で彼女が交換機にどれほど詳しいか判断しようと思った。その女性は顔色ひとつ変えず、クールに答えた。

「NEC7400」。

 ララはさらに「キャビネットは何台ですか、また、アナログ基盤とデジタル基盤はそれぞれいくつ?」と質問した。女性は簡潔明瞭に一つ一つの数字を挙げた。ララが頭の中でざっと計算してみると、彼女が最初に述べた社員数や管理職の割合と合致している。

 ララはわざと面接の最初で社員数と面積について質問し、その回答を基本情報として憶えておき、次に無関係な質問をはさんだ。彼女に最後の質問に対する答えが関連数字と合致すべきだと気づかせないためである。たとえ専門知識があっても、自ら業務を管理していなかったり、社内状況を整然と把握していなかったり、業務内容に詳しくなかったりすれば、その回答は破綻しやすくなる。しかしこの女性は明らかに業務に精通しており反応も早い。

 ララはさらにコピー機の型番と台数について質問した。女性の回答は常に簡潔で、この質問に対してはこんなばかげた質問に答える価値などないとでも言いたげに口をわずかに尖らせた。ララは彼女の表情に気づかないふりをして、怒りをおさえながら次の質問をした。

「あなたの部署では毎年予算案を作成しているようですが、あなたもその仕事に関わっていますか?」

「私は現在の会社に三年間勤めていますが、そのうちの二年間は予算案作成の責任を負っていました」。

応募者がこの点に並々ならぬ自信を示したからには、ララは一般的な面接スキルを使って彼女を褒めるしかなかった。

「上司から信頼されているようですね。きっとお仕事がおできになるんでしょう」。

 女性はにこりともせずに言った。

「私は本部長に満足していただける仕事ができるのですから、信頼されて当然です」。

 ララは心の中で――あなた、面接に来ているんじゃないの? 何なのその態度は!――と呟きながらも微笑みをたやさずに質問を続けた。

「今年の予算案を作成したとき、コピー機の維持費と消耗品への予算配分はどの程度にしましたか?」

 女性はこう指摘した。

「その質問は実質的には先ほどの質問と同じです。消耗品の予算配分は消耗品のおよその単価だけでなく社員数にも関係します。またコピー機の台数は社員数によって変わります。そして維持費の予算は機器の使用年数と密接な相関関係があります。私の会社にはキヤノンのコピー機が六台あり、使用年数一年が二台、二年が二台、三年が二台となっています。これはまだ質問されていないのですが、おそらく次の質問はこれですよね」。

 そして彼女はあっさりと数字を挙げ、一点の不足もない完璧な回答をした。ララは問うべきこともなくなり、逆に彼女から質問の問題点を指摘されて狼狽えた。

ララは心を落ち着かせ、リフォームに関する重要な質問をいくつか続けたが、女性の回答は常に完璧で、最後にはこのように言い放った。

「大規模リフォームプロジェクトの経験がない総務は大企業の専門職とは言えません。総務部のごく初歩的な業務です」。

 彼女の専門知識は疑いようがない、総務の専門業務についてこれ以上質問する必要はない。ララは質問を変え、彼女に彼女自身の人間関係についての評価を尋ねた。ララは内心では、こういう人は人間関係を上手く処理できるわけはないと思い込んでいたので、彼女自身の評価を知りたかった。

 女性は落ち着いた様子で言った。

「人間関係がどのようであれば良いと言えるか、それは企業文化によって異なるでしょう。例えば、今の会社の企業文化は非常にアグレッシブで、周りと協力できさえすれば人間関係において高い評価を得られます。私は先ほど現在の職場でリフォームプロジェクトを担当したと話しましたが、こうしたプロジェクトでは各部門と総務部の連携が不可欠です。私はプロジェクトを順調に進めることができました。だからこそ、先ほどのリフォームに関する質問に対して適切に回答できました。さらにプロジェクトが成功したことで私が社内で効果的な人間関係を築いていることを証明できます」。

 屁理屈なのか道理があるかはさておき、ララはこれを聞いて思わず感心した。この若さでこんなに筋の通った話し方ができるとは、少なくとも頭の回転の速さは申し分ない。彼女はさらに質問した。

「確かに会社が違えば企業文化も違いますね。今あなたが働いているのは欧州企業ですが、DBは典型的な米国企業です。現在のアグレッシブな企業文化のもとで良好な人間関係を築くことができたからといって、DBでも上手くやっていけると証明できますか?」

 女性はララのロジックを訂正した。

「そうなると人間関係の問題ではなくて適応能力の問題になってしまいます。一つ例を挙げて私の適応能力を証明します……」。

 一時間におよんだ面接で、ララは彼女の回答に何ひとつ問題点をみつけることができなかった。彼女はおそらくこの数か月面接してきた応募者の中で総務部の専門業務について最も熟知している人材だ。彼女はララを不快にさせたが、その不快さの原因はレスターに報告し検討すべき問題点のうちには入らない。

 ララは彼女に会社規定の数学ロジック問題を解かせてみようと思いついた。結果はかなりの高得点で、このテスト結果だけから見ても彼女がララよりもずっと反応が速いことがわかる。ララはいささかプレッシャーを感じた。

 ララはレスターの部屋を訪ねたが、どう話を切り出すべきかわからなかった。自分の指示に従わなくなることが心配だから彼女が気に入らないとは言いにくい。結局、遠まわしに彼女の人間関係が少し気にかかる、今後各部門と良好な関係が築けるかどうか心配だ、とだけレスターに告げた。ララはそう言いながら、応募者と直属の上司の相性についてウェンホアがレクチャーしてくれたときのことを思い出した。昇進したばかりの部長は自分が部下を管理できるかどうかを気にしすぎて、大人しく言うことを聞きそうな部下に好意的になりがちだという。ララは思わず後ろめたい気持になった。

 レスターは面接中にその応募者の人間関係に問題があると思った具体的な事例があったのかと尋ねたが、彼女は答えることができなかった。レスターはララを説得した。

「この女性はとても聡明で、ポテンシャルが高く、専門業務の経験も豊富だ。不確定要素もあるかもしれないが、このポストは求人を開始してからもう数か月になる。そろそろ決めるべきじゃないかな。いずれにせよ、三か月の試用期間があるから、本当にダメなら辞めさせるのは簡単だよ」。

 ララは最後の言葉を聞いてうなずくしかなかった。

 その女性の名はパメラという。パメラが上海オフィスに総務課長として赴任すると、部下のマギーたちは彼女から受けるひどいパワハラに悩まされることになった。マギーはもともと強情な性格で最初こそ果敢に抵抗したが、パメラは何枚も上手だった。彼女はマギーに毎朝出勤直後にその日の業務予定を書き出して提出するよう命じ、退勤前にはその業務予定の進捗状況を報告させた。パメラが問題ないと判断するまで部下たちは帰ることができない。

 パメラはゴールデンウィークの三日前になって急にマギーに倉庫整理の仕事を与え、休日出勤するよう命じた。マギーは連休の旅行を手配済みだったので休日出勤に応じようとしなかった。パメラは落ち着きはらって言った。

「問題ないわ。連休前に終われば休日出勤しなくて済む。でも終わらなかったら休日出勤。あなた次第よ」。

 マギーは目の前が暗くなるほど腹が立った。倉庫は大きく、多くの部門と共有している。整理するには各部門のアシスタントと倉庫内の物資を一つ一つ棚卸ししなければならないし、倉庫管理会社の協力も必要だ。休日出勤せずにこの仕事を終わらせるのは絶対に不可能だ。

 マギーはパメラに反論した。

「たとえ私が休日出勤しても、他部門のアシスタントも休日出勤なんかしませんよ。彼女たちが来なかったらどうやって他部門の物資を移動させるんですか。何か紛失したりしたら面倒なことになりますよ」。 

 パメラはひねくれた物言いをした。

「連休前の三日間で各部門のアシスタントと協力して先に棚卸ししておけばいい。棚卸しリストにサインをもらっておけば、連休中はそのリストをもとに整理できる。なぜその場に全員いる必要があるのよ」。

 マギーは怒りを抑えながら言った。

「倉庫のスペースがなくなってしまったわけでもないのに、なぜそんなに急いで整理しなければいけないんですか。なぜそんなに早く終わらせなければいけないんですか」。

 パメラは手の中のペンをゆっくりと弄びながら言った。

「本当に急ぐの。私が決めたことをいちいちあなたに説明する必要なんてない」。

 マギーは胸にやりきれない思い抱えつつ怒りを抑えてデスクに戻った。

 ちょうどその時、ララは上海に来ていた。パメラに会議の備品を用意するように言うと、パメラはその備品はないと答えた。

「どうしてないと分かるの?」

「マギーからそう聞きました」。

 ララはおかしいと思った。これらの備品は先月も先々月も確認したばかりだ。マギーはどこに保管しているか知っているはずなのに、どうして簡単にないと言ったのだろうか。

「もう一度彼女に聞いてみて」。

パメラは走って聞きに行き、帰ってきて言った。

「やはりないようです」。

 ララは腹立たし気に言った。

「ミーティングをしましょう。マギーを呼んで」。

 全員がそろうと、ララはいきなりマギーに尋ねた。

「うちの部門がどんな備品を所有しているか知らないの?」

マギーは泣きそうな顔で「知っています」と答えた。

 ララは「それならなぜ上司に備品はないなんて言ったの?」と厳しく問い詰めた。マギーは顔をあげ強い口調で言った。

「私、連休には旅行に行く予定だったんです。それなのに、何の予告もなく突然連休中も出勤するようにって言われました。嫌だというと連休前に終わらせろと命令されました。あれだけの仕事、徹夜したって終わらない! 連休前に終わらせなきゃいけないような仕事でもないのに! これはイジメよ!」

ララは怪訝そうな顔で「どんな仕事?」と尋ねた。パメラはまずいことになったというような表情をした。もともと色白の顔がさらに青ざめている。マギーは堰を切ったように倉庫整理の件を洗いざらいぶちまけた。ララは事の成り行きを知り、パメラに対して強い怒りを覚えたが、感情を抑えてマギーに言った。

「仕事の指示に不服ならそう言えばいいの。別の仕事で仕返ししたりしないで。先に席に戻ってなさい」。

 マギーを帰してから、ララはパメラに言った。

「その仕事、あなたなら三日でできるの?」

パメラはばつが悪そうに首を横に振った。ララは語気を強めた。

「あなたにできないなら、彼女もできないでしょ。そんな仕事を故意にやらせようとする理由は何なの。もし本当に休日出勤が必要ならもっと早く彼女に話すべきだし、それに、その仕事をどうして連休中に終わらせなきゃいけないのか私にも分からない」。

 パメラは詭弁を弄した。

「マギーの勤務態度が悪かったので、改めさせようとしたんです」。

「彼女の態度が問題なら、その件について指導してちょうだい。嫌がらせなんかしないで」。

 パメラが立ち上がると一七〇センチの長身のせいでララがひどく小柄に見えた。彼女は曖昧な表情でララの目を見ながら言った。

「ララ、私にはあなたの支持が必要なんです。あなたは私の上司でしょ、上司の支持が得られなかったら、どうして仕事を続けられますか?」。

ララはパメラが責任を転嫁しようとしているのだと感じ、ムラムラと怒りが沸き上がった。そして、彼女も淡々と返した。

「あなたの仕事はもちろん応援してる。でも部下にパワラするのは我が社の企業文化では許されない。どの社員に対しても公平な態度で接し、相手を尊重しなければいけない」。

 パメラは不機嫌になり、ララも面白くなかった。

 二人は話題を変え、パメラの仕事の進捗状況をチェックし始めた。すると、彼女は部下をいじめるのに熱心なあまり、自分自身の仕事が疎かになっていることが露呈した。ララはパメラを解雇することになるかもしれないと思ったが、まず彼女にこう言った。

「それでは、あなたはここに来て一か月になるから、一緒に一か月目の総括をしましょうか」。

 ララはノートパソコンを起動し、パメラが入社した直後に彼女にアサインしたタスクを画面に表示した。このファイルはララが社内メールでパメラに送ったものである。一覧表を見ながら未達成タスクを一つ一つ数え上げたのでパメラには返す言葉がなかった。ララはその場で備忘録を作成して最初のメールのリプライとしてパメラのアドレスに送ると同時にCCで自分の上司であるレスターにも送信した。

 

 パメラはこの世界で最もIQが高いグループに属しているので、ララがすべての話し合いを書面の形式で保存し、しかもCCでレスターにもメールを送っていることに気づくと、ララが自分を適当な時期を見計らって試用期間中に解雇するつもりなのだと悟った。彼女は目を見開いてパソコンの画面を一心に見つめた。そして調子を合わせるような口調で二か月目からは心を入れ替えて頑張ることを約束した。

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (25)

 

二十五 なぜ部下に逃げられるのか 

 レスターはウェンホアを呼びつけて、「ララの自己評価レポートに部長クラスの採用何度か関わったと書いてあったが、彼女にはまだ早すぎるんじゃないかな彼女は君と違って人事業務について日が浅い。確かに聡明でよく気がつくが何といってもまだ新人だと注意した 

 ウェンホアが黙ったままなのレスターはさらに話をつづけた 

「部長採用はやはり君に任せたい。ララがその場にいても構わないせいぜい君のやり方を傍で見て勉強する程度とどめてくれ。彼女が応募者にインタビューするなどということはないようにね。でないと配属先の門から文句がでるだろうから

 ウェンホアはレスターの
警告が何を意味するか理解した。はウェンホアとララでは社内の位置づけが違うと指摘することで暗に自分を認めていることを伝えている。彼は笑いながら言った。 

「ララは優秀でしっかりした社員です。大丈夫ですよ彼女はよく立場をわきまえて自分の言うべきことすべきことを知っています部門長からも好かれています 

それならよかった君がララをよく教育しサポートしてくれていることは、ララの自己評価書報告を見てわかよ」。 


 ララの
自己評価報告聞き、ウェンホアは堪えきれずに噴き出した 

「ララは私の指導に全く満足していませんよ。彼女あれを書いた目的は私にもっと教えろと要求するためです」。 

レスターも笑った。 

うん。それにワン・ホンにプレッシャーを与えるためでもある」。 


 
二人がひとしきりいあった後に、レスターはウェンホアにジョージCEO訪中後、取締役会は中国への投資拡大戦略を可決したことについて話した――新たな業務拡大プランは基本的にアジア太平洋地域本部の同意を得ており、“Focus China”(フォーカス・チャイナと名付けられている現在、アジア太平洋地域本部がこのプランに詳細な検討と修正を行っている最中で、正式に承認されれば社内組織の変更が行われる。人事もそれに呼応してすぐにも新組織に対応する採用計画を練らなければならない―― 

 

 ウェンホアはレスター彼に示した組織図を仔細に、これから採用チーム課せられる業務量が大幅に増加することを知った。ララに任せたファーストラインの営業マン採用を除き、ウェンホアは本部で重要ポストの採用を何件もやり遂げなくてはならない。難しい仕事になるだろう。道理でレスター自分に対して友好的な態度をとるはずだ。ウェンホアは事態を理解し、瞳に光を宿らせてうなずいた 


 
レスターはウェンホアが音をあげるのではないかと心配していたが、そうでもない様子を見て内心ほっとした地方営業所の採用は誰もが有能さを認める頑固者ララがい――と言っても、この数か月間ララの「頑固というイメージは覆されたのだが、しかし気分が高揚する以前の印象が自然と浮かララをひそかに「頑固者」と呼ぶほうがしっくりきた――。そして本部には「策士ェンホアがいるレスターは今年の人事採用という難題うまくいくことを確信した 


 
その日レスターは数人の部長と会議を開き「フォーカス・チャイナプラン草案について説明し、各自の任務について心の準備させた。翌日、ウェンホアの妻が夫は急性胃腸炎で休む会社に電話をしてきた。レスターはローズとララの仮病を経験していたので病欠と聞くと警戒する。ウェンホアも仮病なのでは、という不吉な予感がした。 


 
数日後、ウェンホアは完治したと言って元気そうなで出勤した。そして、オフィスに入るとレスターの部屋に直行して辞表を提出した。レスターはこの一年あまり部長たちにこういったやり方で弄ばれることに慣れてしまっていた。ウェンホアが病欠した数日彼はローズの退職までの経緯再び思い出してみた。彼にとってウェンホアの辞職基本的には余計な心配の種にはならずにすんだとにもかくにもウェンホアは男性部長だ。妊娠流産だのと嘘をつけない。むしろあっさりしていて気持ちがいい、レスターは自分を慰めた。 


 
それを聞いてララはすぐにレスターのところにやって来た。 

「ボス、ウェンホアの部下でいちばん仕事ができるのはジェイソンです。今すぐにでもジェイソンをシニアに昇進させましょう。給料も上げてやりましょう。そうしないと、彼が今辞めてしまったら大変なことになりますよ」。  

 レスターはうなずいた。 

「ああ、すぐにジェイソンとをしよう絶対に彼を慰留しないと」。 


 
その晩、ジェイソンが風呂から上がると妻が「いまウェンホアから電話が来たけど」と言った。ジェイソンはあ」だけ返事をして特に何も言わなかった不思議そうに「何の話だったのかしら」と言うと、ジェイソンは何の話って、仕事を紹介したいんだろと答えた妻は思わず真剣になりあなた、転職したいの?」と聞いた。ジェイソンは冷ややかに言った。 

「今日レスターからがあった。シニアスタッフして給料も上げてやるって」。  

「それでどうするつもり?」  

とっくにシニアになっていてもおかしくなかった。レスター昇進させてもらわなくても上海でその程度のポストに転職するのは難しくない。給料がいくらるか次第だな」。 

 妻は心配そうに言った。 

みんなウェンホア部長策士だと言ってる気を付けたほうがいいわ」。 

「ウェンホアはDBを辞めることになった。今日すでに辞表を提出したそうだ僕もここまでやってきたんだから怖いものはないよ。僕に不渡り手形を出そうとしても無駄だ今よりいいポスト、今より高い給料。それしかない。毎月住宅ローン返済ために給料日待っている身なんだから 

 妻は夫の言葉にき、それから聞いた。 

「レスターは給料をいくら上げてくれるって?」 

 ジェイソンは嘲笑するように言った。 

「金の話になると服の中にノミでもいるようにもじもじして、ああでもないこうでもないと長話をするが、具体的な数字気持ちよく出してこない。給料がいくら上がるかなんてわからない。いずれにせよ、しばらく待っていれば数日中には辞令がられてくるだろう。今回は少なくとも二千元は上げてもらわないと。総額で八千元に満たないならおさらばだ」。 

「じゃあ、もし本当に八千元になったら?」 

ジェイソンは少し沈黙てから言った 

「もう前みたいにがむしゃらに働きたくない。頑張れば頑張るほどレスターから見くびられる。ウェンホアが用意してくれるポスト比較してから考えるよ」。 

「ウェンホア辞めあなたまで去ったらレスターの身はどうなるの? 

 ジェイソンは怒りをこめて言った。 

「彼はボスとしてこれまで僕にどんな仕打ちをしてきた? あいつだって内心ではわかっているはずだ、遅かれ早かれ僕も辞職するだろうって 


 
辞令がジェイソンの手元に届き、開いてみるとそこには「昇給五〇〇元」と書かれていた。彼は無造作にその紙片をシュレッダーにかけた。 


 
ララがレスターに「ジェイソンはどうでした?」と確認すると、レスターは自ありげに「ジェイソンはニコニコしていたが何も言わなかった。大丈夫だろうと答えたララは以前からレスター昇給には極めて気前が悪いことを知っていたので、ジェイソンの給料をいくら上げたか知りたくてたまらなかったが、とうとうくことができなかった。 


 
ひと月もたたないうちウェンホアがDBを去り、ジェイソン慌てず騒がず辞表を提出しウェンホアの後を追って退職したレスターウェンホアの仕事を二つに分け半分ララに任せ、残りの半分ワン・ホンに割り振る以外になす術がなかった。ワン・ホンは給与と福利厚生しかやってこなかったのでいきなり採用業務担当させられても時間ばかりかかって結果を出せず、レスター自ら一部を引き受けざるを得なかった。 

 本部のER(Employee Relationship 人事関係問題が起きてもワン・ホンこうした業務が苦手で彼に任せることはできない。無理に従業員と話し合せると最後に喧嘩になってしまう始末であった。レスターはワン・ホンにER処理させるのは得策ではない、彼にやらせると問題がこじれるだけだと気づき自らこの種の仕事を一手に引き受け、そのせいで血圧まで上がってしまった 


 
レスターはヘッドハンティング会社部長の候補者探しを急ぐよう催促し、少なからぬレジュメを見て人選を進めていたがいずれもウェンホアに比べると見劣りがし、決めかねているうちに四か月あまり過ぎた。ラは激務に耐えながらも、精神的には特に問題なく、ワン・ホン口では何も言わな明らかに疲弊している様子だった。もともとレスターの性格からすれば部長を一人選ぶのに半年かけるのは珍しことではない。しかし今回は自身も仕事を分担させられて参っていたし、ワン・ホンが不満を持つのを恐れて目をつぶって適当に二人ほど選んでハワードの承認を得るため社長室を訪ねた。しかしハワードはその提案を即座に却下し、ついでに全社の採用業務の進捗についてレスターに説明を求めた。レスターは自分のオフィスに戻ると血圧降下剤を飲んだ。 

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (24)

お待ちください。

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (23)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3717.html

 二十三 You deserve it!の二つの意味

 ララは広州でレスターの電話を受け、異動と昇進にともなう変更について詳細を知った。レスターはそれまでララの要求を常に退けてきたが、彼女は今回その行動が理解できる気がした。仮に自分がレスターの立場なら、じきに定年退職を迎えようというときに、社長の考えを忖度でもしなければ、会社が定める勤務地で働きたがらない部下のために前例を破ることはしなかっただろう。ハワードが意見を明確に示してからレスターはようやく積極的に動き始めた。ララは各営業所の人事業務が自分の担当となったことに特に感謝していた。

  四十六%の昇給に至っては、ララの期待をはるかに上回るものだった。彼女は感激しつつも、リフォームプロジェクトを任せられた際にレスターが出した特別手当てが五%だったことが自然と頭に浮かんできた。

 電話の向こうにいるレスターは、ララの思いを知ってか知らずか、あるいはこれまでララに辛く当たりすぎたと思ったのか、ララが述べる感謝の言葉を聞いても軽く受け流し、簡潔に誠意をこめてこう返した。

You deserve it.(君にはその価値がある)」。

 レスターはその言葉を口に出した瞬間、あることを思い出した。ローズが杜撰な予算とタイムスケジュールで自分に危険な罠を仕掛けたことに気が付き、やむを得ず急いでローズを昇進させたときにも、彼女に対して心にもない言葉をかけた。

You deserve it.」。

 電話の両側でララとレスターはともに感慨にふけり、一瞬の沈黙が訪れた。ララはハワードが言ったことを思い出した。

「レスターは寛容なボスだ。彼には彼の特徴がある。君はこれからも彼の部下であることに変わりない」。

 ララはレスターのもとでしっかりと部長を務めてボスに認められようと決意し、レスターもララの誠実さを感じ取った。かつて心にわだかまりを持っていた者どうしが和解しよい関係を築く以上に気持ちの晴れることはない。

 人員配置について話が及ぶと、ララはヘレンをアシスタントに昇格させたいと提案した。ヘレンはすでにDBの広州オフィスで七年間にわたってフロントスタッフを経験しており、現在二十七歳になる。物事を深く考えない性格ではあるが、ララのもとで大きく成長した上に、ララとは互いに気心も知れている。SC(South China)のアシスタントには適任で、レスターも二つ返事で了承した。

 ヘレンはあきらかにララの昇進のおこぼれにあずかった形になり、広州オフィスではヘレンを見かけて冗談を言う者もいた。

「テンテン、羽振りがよさそうじゃないか」。

 ヘレンはララに「控えめに」と釘をさされているのを思い出し、一生懸命に謙虚にふるまおうとするあまり却って同僚の爆笑を誘う結果となってしまった。

 ララは間もなく上海に出向いてウェンホアのもとでリクルートについて学ぶことになった。彼女は呑み込みが早く何事も適切にこなしたのでレスターも非常に満足し、誰彼なしにララの自慢をした。また、気が向けばララに仕事のコツを教えることもあり、そんなときにはララは頭がいくつあっても足りないほど熱心に頷きながらすらすらとノートをとった。レスターはララが渇いたスポンジのように知識を吸収していく様子に感心し目を細めた。

 教えたい者と学びたい者が出会うことは大きな喜びである。機会さえあれば、ララはレスターの経験の豊かさを称賛し、レスターはララの聡明さを褒めた。二人はもっと早くからこの関係が築けていたらとまで思ったが、それを見るにつけ憤懣やるかたない思いにかられ、歯ぎしりをしながら「レスター、いつか必ずお前に“You deserve it” には二つの解釈があることを思い知らせてやる」とひそかに呟く者がいた。

 英語の“you deserve it”には二通りの解釈がある。よい意味で用いられる場合は「名実相応」(君はそれに値する)、逆の場合は「自業自得」(ざまあみろ、当然の報いだ)となる。英語では両者を区別せず“you deserve it”と表現するが、つまるところ「あなたはこれこれの事をした、それゆえこれこれの結果になった」という因果関係に重点を置き、「当然の結果だ」という意味を表す。

 ララは、相変わらず残業続きだった。ハワードは一日の仕事が終わると、退勤前に思い出したようにララを頻繁に自分のオフィスに呼んで質問したり仕事を与えたりした。ララも難題を抱えているときにはハワードの意見を求めることがあった。

 ウェイは、残業をしているときにララがハワードの部屋に入って一時間あまり出てこないのを二回ほど目にした。しかも彼女がハワードのアシスタントに面会のアポイントを取っていないことは明らかだ。一度はハワードがホワイトボードに図を描いてララに何かを説明しており、ララは顔を上げて全神経を集中させて聞いている様子だった。

 ウェイはやや苛立ちを覚え、後日やっかみ混じりの口調でララに言った。

「随分偉くなったもんだな。One on one(マンツーマン)で授業を受けるなんて」。

 ララは「知らないことが多すぎていろいろとご指導を受ける必要があるんです。明日にでも、あなた様に人生の真諦を教えていただきたいものですわ」と言って取り合わない。ウェイはいかにも不満そうに言葉を続けた。

「ハワードは営業担当社長か、それとも総務担当社長か。社長のDirect report(直属の部下)は本部長だろう。時間があるなら我々本部長とコミュニケーションを取るべきなのに、なんだって君とあんなに熱心に話をするんだ。総務がどれだけいい仕事をしたって会社の儲けにならないじゃないか。それに君は本部長のレスターが指導してくれるだろう。レスターの頭越しにハワードとあんなに頻繁に接触して!」。

「だったら私からハワードにあなたがご不満だってお伝えしましょうか!」。

「いいさ。君は社長のお気に入りだから何でも話せるだろうよ!」。

「私は誰よりも努力しているのよ! I deserve it!」

「いい気になるな。いつか手痛い目にあうぞ。You deserve it!」  

 ララは怒りのあまり思わず口走った。

「あんたの良心はダーダーディホアイラ!*1 スーラスーラ!*2



*1
「ひどく悪い」を意味する抗日戦争時の日本兵中国語

*2「死ね」を意味する抗日戦争時の日本兵中国語

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (22)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3716.html

二十二 認可は速やかに

 ワン・ホンはレスターに命じられたとおりに職務記述書を作成した。異動昇進内申表に記入する段になると、職位の欄に書き込むのをしばらく躊躇した。レスターは彼に「人事総務部長」と言ったが、彼の理解ではレスターが実際に与えたいのは「人事総務部長補佐」のはずだ。以前にローズを昇進させたときも最初は「部長補佐」とし、その後に「部長」と改めている。ましてやララには「人事」の二文字まで加えている。給与部長のワン・ホンには、この「人事」の二文字が余計につくことでララの市場価値がぐっと上がることがよくわかっていた。総務部長よりも人事部長のほうがよっぽど価値があるのだ。ワン・ホンは「たとえ『人事総務部長補佐』の肩書だけでもララは大いに得をする」と考えた。

彼は長いこと考えていたが、レスターに確認しに行くのはやめて自分勝手に職位の欄に「人事部長補佐」と記入することにした。次は「給与改定」欄だ。ワン・ホンがララの現在の給料を調べると六八二五元であった。この数字にワン・ホンは目を疑い、ララの我慢強さに感嘆した。レスターもあまりに気前が悪い。さて、現在の問題はワン・ホンがララの給料をどの程度上げるべきかということだ。

 通常、現在の給与金額に問題がなければ二〇~三〇%以内の昇給となる。しかしララの現在の給与は市場相場に比して明らかに低い。社内規定によれば昇進する社員の現時点の給与が明らかに低すぎ、業務成績が特に優秀である場合には社長の特別許可を得て五〇%まで昇給することができるとある。ワン・ホンの知る限り、レスターは昇給に対しては常に消極的で普通なら自ら進んで上限の三〇%までアップすることはめったにない。もし上げ幅が大きすぎればおそらく疑問を提示してくるだろう。さらにワン・ホン自身にもララが今回はあまりに優遇されているという思いが多少なりともあったため、給与をあまり高くしたくはなかった。しばらく考えてから「基本給決定に関する提案」の欄には「八八〇〇」と書き込んだ。

レスターはワン・ホンから書類を受け取るとすぐに、「ん? ワン・ホン、これは違う。職位に『補佐』はいらない。我々はララを『部長』にすることにしたんだ」と言った。ワン・ホンは顔を赤らめた。レスターに自分がララに部長の肩書を与えたくないという思いを見透かされたと感じたが、何とか言い返した。

「レスター、一度でこんなに昇進させるのは早すぎませんか。まずは『部長補佐』を務めさせて段階的にキャリアアップしたほうが、目標ができて更に努力を続けて成長するでしょう。半年か一年ほど観察して、それなりの成績を上げた時こそ『部長』の肩書というインセンティブを与えてやればいいと思いますが」。

 レスターは何度も頭を横に振った。

「認可はタイミングが大切だ。認可のタイミングを外し、奨励のタイミングを外すことは人事管理のタブーだよ。彼女が最も求めている時に与えてこそ最も効果的なんだ。仕事に慣れきってしまってからポストを与えても今ほどの効果はなくなる」。

ワン・ホンは余計な口出しをした結果となり、そのとおりですと言うしかなかった。

 レスターの指が給与欄の「八八〇〇」のところにすべっていった。

「我が社の非採算部門の部長の最低基本給はいくらだっけ?」

 ワン・ホンは冷や汗が出てきた。今日は自分がバカなことをしたのか、それともレスターが普段と違うのかわからなかったが、とにかくレスターは八八〇〇という低すぎる額が気に入らないようだ。ワン・ホンは気持ちを落ち着けて答えた。

「会社のポリシーによると九〇〇〇元です」。

 レスターは少し考えた。ララは何といっても部長だ、今回は彼女を徹底的に満足させよう、昇進しても給与面でわだかまりを持つことがないようにしなければ。レスターは考えを決めた。

「ララの月給はぴったり一万元にしよう。彼女の今の基本給は低いが、仕事のレベルは新部長の基本レベルよりも高い。これをハワードに届けて許可をもらってきなさい」。

そう言いながら彼は無造作に電卓をたたき、六八二五元から一万元への昇給は四六%アップだと算出し、その数字をワン・ホンに見せた。

 ワン・ホンはDBに入社した日に自ら決めたルール――レスターとは常に良好な関係を保つ――を守り、それ以上抗弁しようとせず、「承知しました。職位と給料の二か所を書き直して十分後にまた持ってきます」と言った。レスターはうなずいた。

 

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (21)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3715.html

二十一 部長になる覚悟 ――学習とストレス耐性

その日、レスターはワン・ホンのオフィスに来て言った。
「ハワードと話し合ってララを総務部長に昇進させることが決まった。ピーターもララは相応しい人材だと言っている」。

レスターは少し間をあけてこう続ける。
「何人かの本部長にも意見を聞いてみたが、めずらしいことに全員賛成だったよ。ちょっと意外だったね。少なくともウェイはララの昇進に反対すると思ったのだが。例の引っ越しの件でララはウェイと激しくやり合ったからね。彼がララはいい、と誰よりも快く賛成するなんて思わなかった。ララのコミュニケーション能力はやはり大したものだ」。

ワン・ホンはすぐには言葉を返せなかった。

「それもいいじゃないか。全員が昇進に賛成したのだから、新部長が仕事を始めてから何か問題が起きれば全員の連帯責任ということになる」。
 レスターは急に思いついたようにワン・ホンに言い訳した。自分がララの昇進に同意していると思われないよう予防線を張り、ララが部長には不適格だと判断された場合に、管理職全員に責任をかぶせてレスターの独断による誤った決定だったと指摘されないためだ。彼はさらに付け加えた。

「もちろん、私はララはしっかり務めてくれると信じているがね。そういうわけで、急いでララの異動昇進内申表を作成してくれ。Job description(職務記述書)も添付して」。

ワン・ホンは驚いて「彼女のlocation(勤務地)はどこですか?」と聞いた。

「広州だ。この点に関してはハワード本人がララを説得しようとしたが、彼女は妥協しなかった。彼女の好きにさせよう」。

ワン・ホンはさらに尋ねた。

「JD(職務記述書)は前にローズに使っていたものと同じでいいですね」。
 レスターの返事にワン・ホンは頭を殴られたような衝撃を受けた。

「以前の書類は使わないでくれ。ローズと違って、ララの肩書は『総務部長』ではなく『人事総務部長』になった。彼女の職責はDBが中国に設置したオフィス三十か所の総務管理に限らない。最も重要な違いは、彼女が本部以外の地域の人事にも責任を持つということで、主な職務は採用とER(Employee relationship、労務管理)だ。ララの部下の肩書も総務課長ではなく人事総務課長にする必要がある」。

 ワン・ホンはこのときばかりは「本当ですか!」と驚きの声をあげ、しばらくしてからやっと「指揮命令系統はどうなりますか?」と尋ねた。レスターはワン・ホンがこの話をフォローするだけで大変なことがわかっていたので、簡単な説明にとどめた。

「ララは私の直属の部下だ。この点はローズと変わらない。近いうちに上海と北京にそれぞれ課長を配属してララの部下とする。広州にはララが常駐しているので課長は置かない。また北京・上海・広州の主要三オフィスそれぞれ二名ずつ補佐を置き、残りの二十七営業所に各一名、営業部と兼任の補佐を配備する」。

 ワン・ホンは、冷静になって考えてみれば会社がララを「総務部長」にしようが「人事総務部長」にしようが自分には関係ない、自分は給与と福利厚生の仕事に専念すればいいのだ、と思った。しかし、採用とERを担当するリー・ウェンホア人事部長にとっては、自分の縄張りの半分とは言わずとも、少なくとも三分の一をララに持っていかれることになる。

 ワン・ホンは慎重にレスターに尋ねた。

「そのことをウェンホアは知っているんですか?」

 レスターは笑って言った。

「午前中に話をしたよ。リクルート業務はプレッシャーが大きいし、もともと人手が足りない部署だったから今年の人材募集拡大で疲労困憊していた。彼からは何度も人手を増やしてほしいと言われていたが、君も知ってのとおり増員は無理だ。予算がなくてね。今は有難いことにララの部署が本部以外の仕事を引き受けてくれた。ウェンホアは少なくともこの点は助っているんじゃないかな」。

 ワン・ホンは、ウェンホアは面白くないに決まっていると思った。目の前の仕事のストレスが多少は減るかもしれないが、営業所人事で最も重要な業務は人材採用であり、それを他の部門にまるごと持っていかれてしまうのは採用部長にとって屈辱的だ。

 ワン・ホンはここまで考えると、思わず野次馬的な興味から口を出した。

「ウェンホアはそのやり方にupset(動揺)するのでは?」

レスターはうなずいた。

「人間は本能的に変化を嫌うから多少は動揺するだろうね。彼には心配しないように伝えたよ。ララが営業所で担当するのは主にファーストラインの営業員募集で、最も高い肩書でもエリア部長どまりだ。管理職などの人事は全て本部のウェンホアが責任を持つ。事実上、千人の労働者を採用するより一人のSENIOR(上級職)を採用するほうが重要だ。この理屈は誰でもわかる。一言でいえば、ウェンホアは採用の仕事で最も責任の重い部分を受け持ち、ララに渡したのは最も価値の低い仕事、ということさ」。

 レスターはここまで話すと、自分が午前中の話し合いでどれほど容易くウェンホアを言いくるめたかを思い出し、いささか誇らしい気分であった。ワン・ホンは今まで「真面目だけが取り柄の働き蜂」として有名だったララが少しばかり狡猾になったと思った。彼女は総務部長になりたいだけではなく、ずっと人事業務を学びたいと希望していた。ハワードはリソースを要求する者に対しては必ず「君に分配するリソースで会社はどれほどのリターンを得られるのか」と質問する上司だ。ではララは会社にどんなリターンをもたらすというのだろう。

 ワン・ホンは気持ちを抑えきれずに聞いた。

「ララは今まで一度も人事をやったことがないんですよ。営業所の人事を彼女に任せるのはリスクが高くありませんか?」。

「もちろん一度に全て任せるわけにはいかない。今、ウェンホアに彼女に必要な研修計画を作らせているところだ。それからララの部下として北京オフィスに人事の経験が豊富な人材を採用する。また今後二か月間はウェンホアとジェイソンが営業所人事の仕事を兼務しつつララに仕事を引き継いでいく」。

 ワン・ホンはウェンホアをいささか気の毒に思い、それと同時にララのことを考えて手に汗を握り、「二か月間の引き継ぎでララは大丈夫だろうか」と再び心配せざるを得なかった。レスターは今後の事は全てウェンホアとララの責任で自分自身とは何も関係ないと言いたげな顔つきで肩をすくめて言った。

「これは厳しいチャレンジだが、それ以上に貴重なチャンスだ。この環境でララはかなり高い学習能力とストレス耐性を求められるだろう。私たちは彼女が奇跡を起こすことを期待しようじゃないか。部長になるならそれなりの覚悟が必要だ」。

ワン・ホンはレスターのオフィスを辞し、ララのJD(職務記述書)を作成しに戻った。心の中にはとうとう確かめることができなかった一つの疑念が渦巻いていた。

「ララに営業所の人事を担当させようと考えたのはいったい誰だ。ハワードか、それともレスター本人か?」。

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (20)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3713.html


二十 二人の同僚  

    

 後日、ウェンホアはララを見かけると自分のオフィスに招き入れた。ララに座るように促し、笑顔でララを見つめた。  

 ララは気まずくなって、「どうしたんですか。そんなに意味ありげな笑い方をして」、と尋ねた。  

「ボスをずいぶん困らせているみたいじゃないか」。  

「そんな……」、とララはやや臆したように否定した。  

 ウェンホアは真顔になって「いや、君には頭が下がるよ。その意地があればきっと成功できる」と言う。  

 

 その言葉を聞き、ララは少きまり悪そうに「どうにか仕事をこなすだけで精いっぱいです」と遠慮がちに返した。  

 ウェンホアはそこでようやく「昼は僕とワン・ホンにご馳走させてくれ」と用件を切り出した。  

ワン・ホンとウェンホアはともにレスターを上司に持つ同格の同僚で、給与福利厚生面を担当している。レスターのには採用部給与部総務部のほかに、ここしばらく部長が不在のままになっている社員教育及び成績管理部がある  

ララは満面に笑みをたたえて言った 

ありがとうございます。今日はどうしてこんなにいことがあるのかしら」。  

   

「いやいや! 実はずっと食事に誘おうと思っていたんだが、ちょっとまでワン・ホンはプロジェクトだか何だかで忙しかったし、彼に時間ができれば僕が出張、君は我々に輪をかけて忙しかっただろう。三人で集まれる機会をずっと探していたんだ」  

その日の昼、人は四川料理の名店、江南(South Beauty)で会食した。ワン・ホンが選んだ料理はどれも絶品であった。日本への出張から帰ってきたばかりのワン・ホンは先輩風を吹かせつつも、通り一遍の話題ではあるがララに話しかけるなどして好意的な態度を示した  

ワン・ホンは成都出身で、大学は上海で学んだ。若い頃は無口真面目一方の男で、大学を出ると早々に一緒に上海の大学に進学した高校時代のクラスメートと結婚した。  

  

ワン・ホンの結婚はロマンティックなところは何もなかったが、彼はに大変満足しており、生活満足度が高い層に属している。彼はもともとロマンス興味がなく、数字と数字を使って測れるものを信仰していた  

  ワン・ホンは生まれつき色白でふっくらと柔らか肌の持ち主だ。一日中エクセルのシートにびっしりと並んだ数字を追いかけているため、給与部長にありがちな強度の近視眼鏡をかけている。典型的な外資系企業のC&B(給与福利)部長であ彼の強みはデータ分析だ。分析の手腕に優れている反面、人や物事数字で判断するためやや融通が利かないところがあった年齢はウェンホアとほぼ同じ三十代半ばだが性格はかなり違う。社内のある部門ワン・ホンはあまりに堅物だと陰口を言う者があり、かつて一人の社員大いに腹を立てて「ワン・ホンとコミュニケーションできない」とレスターに不満をぶつけたこともあった。だがワン・ホン人間関係が特に悪いというわけでもない。なぜなら彼自身に悪意はなく、何事においても数字だけを根拠として賛成反対かを表明するのみで、なんら他意はないからである三十代半ばの部長としてはいささか杓子定規に過ぎるが、彼とてコミュニケーションの重要さは十分に理解している。実際にこの欠点彼の昇進を妨げたばかりか出世競争で大きな挫折を味合わせたこともあったからだ  

彼は過去の苦い経験を教訓として、二年前にレスターに採用されたとき自分自身に二つのルールを課した。、彼の強みはスキルである。第二、コミュニケーション能力が低いという弱みは変えられなくても、レスターとだけは常に良好なコミュニケーションを保つことが必須だ。他の誰とうまくいかなくても構わないが、レスターとの関係だけ絶対になおざりにできない。  

  

れが成功を導く方策であることは以下のように説明できる第一に、人間の体力と気力は限界がある。一つの事柄集中すれば事柄がおろそかにならざるを得ない多くの精力を傾けてWeakness(弱み)Strength(強み)に変えるより自分の強みをさらに発揮する方向に力を入れるほうがより高い成果を出すことができる。端的に言えば、人は得意分野で勝負するべきなの第二に、人間の注意力には限界がある。何もかも完璧にこなせない以上肝心なところに集中することが重要社内考査の合格点に達しているか、能力が高いかどうかその評価の八〇あるいはそれ以上高い割合で直属の上司が判断を下しているのである。たとえ世界中の人々から優秀だと言われても、直属の上司が問題ありと判断すれば十中八九問題がある。一言で言えば「ポイントを外してはならない  

   

ワン・ホンは上述の方針に従、自分自身に明確な位置付けを行った。自分は今より高いポストは務めきれない、人事部のよう常に人と話し合うスキルが求められる仕事はしたく。給与部長として地道におとなしく働き数字を相手にして分析の技術で食べていくのが合っている彼のこの態度をレスター非常に気に入ったレスターが必要としているのは、しっかりと仕事をこなし自らの本分をわきまえ給与部長。ワン・ホンもレスターが自分を引き立ててくれた恩に感謝し忠誠を尽くしたこうして二人息の合う上司と部下となった。ワン・ホンが得意とする事と苦手とする事がレスターは手に取るようにわかり、ワン・ホンもレスターが重視していることは何かを以心伝心で理解してポイントを外すことなく遂行した  

 ワン・ホンはララが昇進を直訴した話を噂に聞いてはいたが、彼の杓子定規な考え方に照らせばこれは合理的でプロフェッショナルなやり方到底言えなかった。もしこれが彼女のsuccess story”(出世物語)なってしまうのならそれはもはや“story”(物語)ではなくlegend”(伝説)と呼ばれるべきだ。  

 

そこで彼はわざわざ著名なコンサルティング会社であるHEWITTとMERCERの最新データから平均的な総務部長のキャリアを調べてみた。上海の人材市場には十五件のサンプルデータが見つかった多国籍企業の総務部長は平均データによると年齢四十歳以上・当該部門で勤続五年・当該職種の経験約十年・職歴二十であったしたがって、ララは少なくとも現在のポストをあと三年は務めなければ昇進考慮できない。なぜならDBの総務部長は少なくとも市場平均より高い条件を備えているべきだからだ  

  

しかし、彼がうっかり忘れたのかわざと無視したのかわからないが、年齢や経験年数にするデータは調べたものの、総務部長の主な職責に関する資料を閲覧することはなかった。つまり、ララにどんな仕事ができ、れほど重要な仕事をこなしてきた経験があるかを考慮しなかったのである。ウェンホアが遠回しにララに昇進の可能性があることを伝えた時、ワン・ホンは信じないばかりか気にも留めなかった。彼はそが本当なら、ララにあまりに都合がいい話だと思った。 

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (19)

 https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3712.html

 

十九 ボトムアップかトップダウンか

 ララは胸に不満をため込んでいた。部長にならなければ決して諦めきれない。

  転職活動が思うようにいかず、ララは考え直すことにした。DBほどいい会社はめったにない。入社するのも難しかったのに簡単に辞められるだろうか。自分はすでにDBから十分な見返りを受けることができたのだろうか。

  もう他の方法は思いつかない。やはりハワードに相談しよう。ハワードのオフィスを訪ねるのはかなりの勇気が必要だが、自分が行動に移さなければ誰も助けてくれないことはよくわかっていた。

  ヘレンはララが仕事中にあらぬ方向を見つめてぼんやりしているのに気がついた。退社時間になっても心ここにあらずといった様子で帰ろうともしない。

 ララは様々な話の切り出し方を検討していた。何種類もの会話をシミュレーションし、想定しうる限りのハワードの反応を思い描いた。しかし、実際に上海オフィスに行き、ハワードと面と向かうと何も言えなくなってしまった。

その日、ハワードはララを見かけると、そういえば数か月も顔を見なかったと思い、親しげに声をかけた。

「ララ、僕のオフィスで話でもしないか」。

 二人は腰を掛けると、ハワードはララに向かってにこやかに尋ねた。

「最近はどうだい?」

 ずっと心に抑え込んでいたことが口をついて出た。

Howard、私、総務部長になりたいんです。この希望についてのご判断を聞かせてください」。

  ハワードは落ち着いた調子で問い返した。

「上海で働きたいかね?」

 ララは考えを曲げなかった。

「今のところ、まだ上海に来るつもりはありません。私のベースは広州です。でも出張はいつでもします」。

 「わかった。レスターに伝えなさい。私は君が広州にいても総務部長の役職をしっかり果たせると考えている」。

  こんなにもあっけなく結論が出るとは想定外だ。レスターとの終わりなきシーソーゲームを経験してきたララの戦闘意欲はいきなり出鼻をくじかれ、自分の耳を疑った。あるいはハワードの言葉の意味を誤解しているのだろうか。

  ララは早まる鼓動を落ち着かせ、できるだけ平静な声で頼んだ。

「それでは社長からレスター本部長にお口添えいただけないでしょうか」。

  ハワードは微笑んで言った。

「ララ、通常の社内手続きとしては、昇進を希望する社員の部門長から提案することになっている。その社員を指揮する部門の長だからこそ業務に必要な人材と昇進候補者の現在の働きぶりや能力を最もよく知っているからね。そして、その起案を行った部門長が昇進を検討する部下の直属の上司および人事部と話し合い、候補者が昇進の資格を備えているか審査するんだ」。

  ララは恥ずかしそうに「わかりました」と答えた。

  ハワードは付け加えた。

「だから君の上司であるレスターが私に君の昇進を申請しなければならない。私が彼の部下を昇進させるために申請書を出すよう彼に言うことはできないんだよ。部下の昇進は直属の上司が判断することで、その上司の上役とHRがその昇進が合理的で社内規定に合致していることを審査し保証する監査の役目を担っている」。

  ハワードは少し間をおいてから笑って言った。

「ふつうは上にいる者に使いたくない部下を無理に押し付けるようなことはしないよ。いま君がレスターの頭越しに私を訪ねてきたことは理解できる。だが、実際には正しい手続きとは言えない」。

  ララはハワードの柔和なコバルトブルーの目を見つめ、やりきれない様子でつぶやいた。

「この件はレスターに何度か願い出ましたが、いつも断られました。社長が反対するからという理由で」。

 「レスターに伝えなさい。私の意見は君の昇進に賛成だ。問題は何もないと」。

  ララは不安気に「私から言うんですか」と聞いた。

  「安心しなさい。彼は君の言葉を信じるよ。確かに私の意見で君の作り話ではないとね」。

  ララはすっかり嬉しくなり、お礼を言って部屋を出ようとした。

  ハワードはララを呼び止めた。

「ララ、レスターのところに行ったら、最初は私の考えを言わずに、君から昇格を再度願い出て、それでもだめなら私が賛成していると言いなさい。わかったね?」。

  ララはハワードの意図を汲み取って「わかりました」と答えた。

  ハワードはさらに念を押した。

「レスターとちゃんと話すんだよ。彼は寛容な上司だし良いところがある。君はこれからも彼の部下に変わりないんだから」。

  ララは「わかっています、安心してください」と約束した。

  ララは社長室を出たがまだ信じられなかった。あまりにも簡単に、戦いは十分で決着がついた。ララが悩みに悩んで考えたもっともらしい話の切り出し方は何ひとつ役に立たず、ハワードの反応も彼女が想定していたものとは全く違っていた。

  ララは足が地につかない様子で廊下を何度か行ったり来たりして気持ちを落ち着かせてから、ようやくレスターの部屋を訪ねた。

  レスターは彼の頭痛の種――名うての頑固者のララ君――がやって来るのを目にするや、頭がズキズキと痛みだした。レスターは戦いに備えて無理やり気力を奮い立たせ、得意のハリウッドスター級の笑顔でララを迎え入れた。

  ララも微笑んで挨拶をし、ハワードと話しあったとおり一切の前置きなしに切り出した。

「レスター、私を総務部長にしていただけませんか」。

 レスターは心中で「ああ、またか。今回は遠まわしではなく正面からぶつかってきた」と呟いた。

  レスターは辛抱強く言った。

「ララ、君は広州にいるが。この部署は上海に設置しなければならないんだ」。

 「喜んで出張します」

「本部を上海に置いている関係で管理業務の多くがここに集中している。君が広州にいるのはやはり都合が悪い。急に問題が起こったとき部長が本部にいないと問題になる」、とレスターは辛抱強く説明した。

「ローズが病気休暇をとったとき、私はチーム編成が不十分な状況下でこの部門を半年以上ひっぱってきました。各部門から高い評価を受けたことはボスもご存知ですよね。私にはこのポストで仕事をこなす自信があります」。

 互いの主張は以前に何度か行われた話し合いと変わらず、同じレールの上を進んでいるかに見えた。だがレスターは、今日のララにはこれまでとは違う有無を言わせない雰囲気がある、何かあるに違いないと心中いぶかしく思った。徐々に様子を見て確かめるしかない。そしていつものセリフを口にした。

「昇進はハワードが反対するだろう」。

 ララはまさにその言葉を待っていた。

「ハワードは反対しません。賛成だと言って下さいました」。

 レスターは飛び上がらんばかりに驚いた。ハワードの意見は言うまでもなく彼の予想に反していたが、ララの作り話ではないと判断し、すぐに尋ねた。

「ハワードはいつ、そう言ったんだ?」。

「つい先ほどです」。

「誰にそう言った?」。

「ボスがお困りのようでしたので、今日、私が自分でお願いに行きました。それで、同意すると言っていただけたんです」。

「ララ、このあと会議があるから、終わってからまた話をしよう」。

 「わかりました。ではお先に失礼します」。

 翌朝、ララが出社すると、ハワードの社長室でレスターとハワードが話をしているのがガラスのパーテーション越しに見えた。レスターはララに背を向けて手振りをしており、ハワードは朗らかな表情で笑っている。レスターの話はハワードの意向にまさに適っているようである。ララは自分の話をしているのだと思った。

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (18)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3711.html

 十八 職場の鉄則:mailは慎重に! 

 転職活動ははかばかしくなかった。広州オフィスの仕事をララは本職と思い定め、自分を励ましつつ手ぬかりなく務めていた。

 その日、ララがパソコンの画面に映った予算表を食い入るように見つめていたとき。一人の男性が彼女の前に立って咳払いをした。顔を上げると、それはウェイだった。 

 ウェイは、手にしていたダスターコートをそばに置いて勝手に座った。

 ララはいささか驚いて「いつ広州に来たのですか?」と尋ねた。 

 ウェイはその質問には答えず、逆に聞き返した。「三か月以上も上海に顔を見せなかったじゃないか。なぜなんだ?」 

 ララは事もなげに「二週間前に研修に行ったばかりですよ」と答えた。 

「いや、見かけなかったぞ」、とウェイは首をかしげた。

 ララは「三日間ずっと会議室に閉じこもっていたので廊下をウロウロする時間もなかったんです。だから見かけなかったんでしょう」と言い訳した。

 ウェイは少し腹立ちを覚えた。三か月も会えなかったのに、ララは別に再会を待ち望んでいたわけではなかったのか。彼は自分の感情を抑えて軽い調子で言った。

 「研修に参加していたんなら、昼休みにでも声をかけてくれればよかったのに。君が上海にいることを知っていたら、夕飯くらいご馳走してたよ」。

 ララは「お時間があれば、今晩は私にご馳走させて下さい」と微笑んだ。

 それを聞いてウェイはすっかり嬉しくなり、すぐに「約束だ」と言った。

 そして立ち去ることもなく、そのままララのそばに座ってじっとララを見ている。 ララは落ち着かなくなり、「私、また何か失礼なことをしました?」と聞いた。

「痩せたみたいだね。仕事がきつすぎるんじゃない?」

 ララは少しうつむいて自分の体を見て、「痩せ気味の方が服を選びやすいですから」と答えた。

「時間があればエステに行ったらいいよ。顔色が良くなるから」。

「これは今の流行色でヌーディーカラーと言うんです。今はヌーディーカラーのチークが売れているんです」。

 ウェイはそれには答えずビジネスバッグを開いてお洒落な紙袋を取り出し、ララに渡した。

 ララは突然のことに驚き、「私に?」と聞いた。

 「君にセールスするつもりはないよ」。

 オフィスでは人目に立つのも都合が悪いので、ララは目顔で微笑んで受け取るしかなかった。「今晩は美味しいものをたっぷりご馳走しますからね」。

 ウェイは、外国の顧客が受け取ったプレゼントをその場で開けて喜ぶことに慣れていたので、ララが自分が渡したプレゼントに少しも興味を持たないのを見て、たまらずに言った。「プレゼントした理由を知りたくない?」

 彼女はお得意のとぼけた顔を作った。「いまどれほどのお値段か聞こうと思っていたところなんですよ」。

 話をそらされまいとして、ウェイはララの目を見て「どうだろう。人によって答えは違うだろうね。たとえば、僕にとっては価値のあるものでも君にとってはどうかな」とささやいた。

 お互いに言いたいことはわかっている。だが、ララは今、会社の本部長に返事をすべきか、それとも一人の男性に返事をすべきか、とっさには判断しかねていた。

 ウェイは黙って彼女の顔を見ながら返事を待った。ララは気づまりに感じ、うつむいてパソコンの画面を見た。その場の空気はたちまち愉悦の重みとなって二人を包み、ある種の冒険への憧憬がお互いの口を開かせようとした。

 数分間の沈黙が流れ、ララがようやく話の糸口を探しあててウェイの出張理由を聞こうとしたとき、ヘレンがバタバタとララを呼びに来た。ウェイは「忙しいみたいだね」と言って立ち上がった。

 夜、二人は、沙面のレストランで夕食を共にした。店を出ると、ララはもうそろそろ帰らなくては、と言った。

 ウェイは彼女を帰したくなかった。本部長の立場も忘れて「まだ早いから場所を変えよう」と引き留めた。

 ララは「顔色がよくないって言ったじゃないですか。早く寝ないともっと顔色が悪くなっちゃう」と彼をからかう。

 ウェイは真顔で言った。「顔色が悪くても、きれいだよ」。

 その言葉に、ララの心が震えたが、なんとか冷静さを装って言った。「たいして飲んでもいないのに、酔ったふりして冗談なんてやめてくださいよ」。

「ララ、真面目に聞いてくれ」。

「いいですよ。おほめいただきありがとうございます。でも、自分でも悪くないとは思っていたんですけどね」。

「じゃあ場所を変えて、一杯付き合ってくれないか。十一時前に必ず家に送り届けるから」。

 ララはためらった。「十一時? もう冬なのに」。

 ウェイは一歩近づき、自分を見上げるララの瞳を覗き込んだ。ララは思わず目をそらした。ウェイは「ララ、もう三か月以上も会えなかったのに、どうしてそんなふうなんだ」とため息をついた。

 ララは口ごもりつつ「どういうことなのか、まだよくわからなくて」と言った。

 手を伸ばしてララの肩を引き寄せ、ウェイは彼女を見つめてた。「遊びなんかじゃない」。

 冬の暮色がララのほんのり上気した頬を覆い隠し、彼女はわずかに顔をそむけてウェイの視線を逃れた。「それは、わかっています」。

 「じゃあ、19201920 Restaurant and Bar、広州市内のドイツ風レストランバー)に行こうか?」

「はい、でも十一時には帰ります」。

 ウェイは彼女の手をとって歩きだした。

 ウェイはララにベイリーズカクテルを注文し、ララはバーテンダーが作った味がとても気に入った。1920の灯りの下で、ずっと重苦しかった彼女の心が喜びと寛ぎに満たされていった。二人は談笑しながらグラスを重ね、楽しい時を過ごした。

 ウェイは約束どおり十一時になるとララを家に送った。タクシーがマンションの前に停まると、ララはウェイに車を降りずそのままホテルに戻るようにと言った。

「ここならタクシーを呼びやすいから、ロビーまで送るよ」。

 ララが固辞すると、ウェイは「じゃあ、ロビーには入らない。少しだけ一緒に歩きたいんだ。いいだろう?」と言った。

 ララは断り切れなくなった。何歩か歩いてから、ララは「もう大丈夫です、あとちょっとなので」と言った。

「わかった。ロビーに入るまで見ているよ」。

 ララが数歩行くと、ウェイはまた彼女を呼び止め駆け寄って来た。

 ララは彼の言葉を待った。少し躊躇ってから「ララ、上海は嫌かい?」と彼は尋ねた。ララは小さい声で言った。「先の事はまだ分からないけど、今はまだ上海で暮したいとは思えないんです」。

「僕は明日、上海に戻る。重要な会議があって急ぎで戻らなければならない。君が次に上海に来るのはいつ?」

「まだわかりません」。

 ウェイは仕方なく「じゃあ、mailをくれよ」と言う。

 ララは他人行儀に「何かあればお電話します。電話の方がずっと便利ですから」と答えた。ウェイは少し間をおいて言った。「電話したくなったらいつでもかけてくれ。どんなに夜遅くてもかまわない。携帯の電源を切らないよ」。 ララは無意識に距離を保った。「そんなの失礼です。やっぱり勤務時間中にかけますよ」。 ウェイはこらえきれなくなった。

「話をそらさないでくれないか」。

「分かりました」、とララは笑った。

「電話だけじゃなく、時間があればmailして」、とウェイは念を押した。

「はい。mailは誰が何を言ったか誤魔化せないところがいいですよね。全て会社のサーバーに保存されていつでも記録を調べられますから」。

 ウェイは憤然とした口調で「君は僕を脅すつもりなのか」と言った。

「脅すなんて。本部長、社用mailは慎重に、というのが職場の鉄則ですよ」と言いながら、彼女は愉快そうに笑い出した。

 ウェイは暗がりに浮かんだ彼女の華のような笑顔と街灯の照り返しに映える艶やかな肌を見て、思わず手を伸ばし彼女の頬に触れようとした。ララは笑っていたが、彼が手を伸ばしすのを見て反射的に振り払った。

 ウェイはバツが悪そうに手を引っ込め「ごめん」と謝った。ララも顔を赤らめ「私をからかっているの?」と聞いた。ウェイはいかにも気まずそうな顔で言った。

「人聞きの悪い言い方をしないでくれ。僕は君をいい同僚だと思っている」。

「そういうことですよね。私のことをいい同僚だと思っている。ところで、いつかは結婚するおつもり?」

 ウェイは急に用心深くなった。「もちろん、いい人がいれば」。 ララはからかい気味に「いい同僚とは?」と尋ねる。ウェイは「ないとは言えない」と慎重に答える。

「ついさっき、私のことをいい同僚と言いましたよね」。

「ララ、僕を罠にかけたのか?」とウェイは真顔で聞いた。

 ララは彼の言葉を理解できないふりをした。「罠だなんて! 私たちの友情がずっと変わらず続くようにするためですよ。明日、顔をあわせたときに気まずい思いをしなくて済むように」。

「僕は、先のことはわからないが、今のところは君をいい同僚だと思っている」。ウェイの言葉には何の説得力もなかった。

 ララは頷いた。「私もそれに百%賛成です。ですから、私がいまお話したことは、つまり現段階ではお互いに普通に接していよう、という提案なんです」。

 ウェイは答えなかった。 ララは続け

「私はどちらでもいいんです。今になっても部長にもなれないし。でもあなたは会社では前途洋々ですもの」。

「僕は誰に対しても誠実だよ」と言いながら、彼は我ながら何て空々しく中身がない言葉なんだろうと感じていた。

「だからこそ、私も誠意を込めて提案したんです」。

ウェイはため息をついた。「わかった。君の言う通りにしよう」。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧