GO! ララ、GO! (31)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3725.html 三十一 手柄は上司のもの  プロジェクトが営業部にもたらす利益について説明すると、ウェイはララにピーターのところから必要経費を確保してくるよう指示した。ララはさらに各部門本部長に根回しを続けた。最終的に、全員の総意として「会社上層部がすでに『営業所設置に販売実績の下限を設ける』というポリシーを打ち出した以上は従わないわけにはいかない。それなら、第一に日常業務に関わる問題を解決し、第二に営業部の予算を増額してほしい。それをララの言う『利益』と考えよう」ということになった。  「ゴリオ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (30)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3724.html 三十 「ずっと大切にする」  ララは上海に着くとさっそく事前にアポイントを入れておいた数人の本部長と打ち合わせを行った。自分のデスクに戻ったときにはすでに勤務時間を過ぎていた。本社のパメラは彼女を待っており、北京のリャンと広州のヘレンも会社に残っていると言う。そこでララはオンラインで部内会議を行い、一時間でプロジェクトの進捗確認及び各担当者が現在直面している問題を一通り聴取することとした。パメラはすぐにリャンとヘレンをオンライン会議システムに呼び出した。最初はパメラの担当するECエ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (29)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3723.html 二十九 不器用で傲慢な部下 昇進するまでララは自分には部長の任務をこなす力量が十分にあると信じて疑わなかった。しかし実際にこのポストについてみると、想像以上に多くの仕事をこなさなければならないことがわかり、かなり大きなプレッシャーを感じた。レスターは放任主義で、口うるさくもないかわりに部下をサポートする気もなく、ララは様々な仕事を手探りで行わなければならなかった。ウェンホァとジェイソンが次々に辞職したことは採用業務に就いたばかりのララにとってまさに弱り目に祟り目である。 ララはホン...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (28)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3722.html 二十八 海老で鯛を釣る     ララは二人の部下とミーティングを持ち、ララがプロジェクトの陣頭指揮を取り、リャンとパメラをそれぞれノース、サウスエリアの担当とし、ヘレンはララを補佐してサウスエリア傘下の営業所を受け持つよう指示した。  彼女たちの具体的な業務は担当エリアの売上データの把握、各営業所の人的資源と稼働状況データの収集、過去十二か月分の平均事務費用の統計分析、各営業所の固定資産棚卸し、商工営業許可書等の文書の調査と整理、各営業所社屋の主要用途調査である...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (27)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3721.html   二十七 死中に活を求める  出張を終えたハワードが上海に戻ると、アシスタントがさっそく分厚い書類の束を抱えてやってきた。全て彼のサインを待っていた清算書類である。ハワードは威海営業所の書類に目を止め、顔をしかめた。威海営業所の前四半期の売上は全国最下位、ろくな商売もできないのに事務費用は一人前に請求してくる。この営業所はハワードの悩みの種になっていた。威海営業所以外にも、他にも多くの営業所がノルマの達成度を考慮することなく経費を使って本部に請求してくる。必要経費を出す...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (26)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3720.html      二十六 上司と部下の相性 ウェンホアの退職が決まってから、北京オフィスではララの部下となる総務課長を募集することになった。折よく北京出張中であったレスターが応募者二人の面接を行い、どちらも検討に値すると考えてすぐにララを北京に呼んで一人を選ばせることにした。  ララは二人のレジュメを見てレスターに尋ねた。 「この二人にはそれぞれどんな長所がありますか。どちらが我が社にふさわしいでしょう」。  「君の判断に影響するとよくないから意見は...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (25)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3719.html    二十五 なぜ部下に逃げられるのか   レスターはウェンホアを呼びつけて、「ララの自己評価レポートに部長クラスの採用に何度か関わったと書いてあったが、彼女にはまだ早すぎるんじゃないかな。彼女は君と違って人事業務について日が浅い。確かに聡明でよく気がつくが、何といってもまだ新人だよ」と注意した。   ウェンホアが黙ったままなのでレスターはさらに話をつづけた。  「部長採用はやはり君に任せたい。ララがその場にいても構わない...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (24)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3718.html 二十四 弟子が育てば師匠は失業   レスターはウェンホアとホンを呼び、二人にララを指導するように言った。  レスターは他人に任せっきりにすることに慣れてしまっていたので、詳細のスケジューリング、たとえばどのくらいの時間が必要か、どんなプロセスで育成目標を達成するか、まず何を学ばせ次に何を指導するのか等々、具体的な話は全く進まなかった。彼らが指導計画を立ててもレスターはそれを自分に見せるようにとは言わなかった。  これにはララも苦労した。右も左も分からない新任部長は何を質問...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (23)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3717.html  二十三 You deserve it!の二つの意味  ララは広州でレスターの電話を受け、異動と昇進にともなう変更について詳細を知った。レスターはそれまでララの要求を常に退けてきたが、彼女は今回その行動が理解できる気がした。仮に自分がレスターの立場なら、じきに定年退職を迎えようというときに、社長の考えを忖度でもしなければ、会社が定める勤務地で働きたがらない部下のために前例を破ることはしなかっただろう。ハワードが意見を明確に示してからレスターはようやく積極的に動き始めた。ラ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (22)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3716.html 二十二 認可は速やかに  ワン・ホンはレスターに命じられたとおりに職務記述書を作成した。異動昇進内申表に記入する段になると、職位の欄に書き込むのをしばらく躊躇した。レスターは彼に「人事総務部長」と言ったが、彼の理解ではレスターが実際に与えたいのは「人事総務部長補佐」のはずだ。以前にローズを昇進させたときも最初は「部長補佐」とし、その後に「部長」と改めている。ましてやララには「人事」の二文字まで加えている。給与部長のワン・ホンには、この「人事」の二文字が余計につくことでララ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (21)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3715.html 二十一 部長になる覚悟 ――学習とストレス耐性 その日、レスターはワン・ホンのオフィスに来て言った。 「ハワードと話し合ってララを総務部長に昇進させることが決まった。ピーターもララは相応しい人材だと言っている」。 レスターは少し間をあけてこう続ける。 「何人かの本部長にも意見を聞いてみたが、めずらしいことに全員賛成だったよ。ちょっと意外だったね。少なくともウェイはララの昇進に反対すると思ったのだが。例の引っ越しの件でララはウェイと激しくやり合ったからね。彼がララはいい、と誰よりも快...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (20)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3713.html 二十 二人の同僚         後日、ウェンホアはララを見かけると自分のオフィスに招き入れた。ララに座るように促し、笑顔でララを見つめた。    ララは気まずくなって、「どうしたんですか。そんなに意味ありげな笑い方をして」、と尋ねた。   「ボスをずいぶん困らせているみたいじゃないか」。   「そんな……」、とララはやや臆したように否定した。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (19)

 https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3712.html   十九 ボトムアップかトップダウンか  ララは胸に不満をため込んでいた。部長にならなければ決して諦めきれない。   転職活動が思うようにいかず、ララは考え直すことにした。DBほどいい会社はめったにない。入社するのも難しかったのに簡単に辞められるだろうか。自分はすでにDBから十分な見返りを受けることができたのだろうか。   もう他の方法は思いつかない。やはりハワードに相談しよう。ハワードのオフィスを訪ねるのはか...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (18)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3711.html  十八 職場の鉄則:mailは慎重に!   転職活動ははかばかしくなかった。広州オフィスの仕事をララは本職と思い定め、自分を励ましつつ手ぬかりなく務めていた。  その日、ララがパソコンの画面に映った予算表を食い入るように見つめていたとき。一人の男性が彼女の前に立って咳払いをした。顔を上げると、それはウェイだった。   ウェイは、手にしていたダスターコートをそばに置いて勝手に座った。  ララはいささか驚いて「いつ広...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (17)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3710.html 十七 採用難と転職難  ララはローズの退職後に真相を知ることになった。ローズは実はとっくに退職の準備をしており、自分が辞める前に総務部長の後任候補を全て追い払ってレスターを窮地に陥れようとしていたのだ。彼はれっきとした人事本部長であるにもかかわらず自身の部下の目論見に気づかなかったために社内で大いに面目を失なった。  今頃、上海オフィスのあちこちで口さがない連中あれこれ噂をしているに違いない。ララはローズが一体どれほどの恨みを抱えていたのかと考えずにはいられなかった。それと同時に、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (16)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3709.html 十六 最後のローズ  ララが広州に戻り、ローズは職場復帰した。  バンド界隈にその名を馳せた華やかな上海美人、誰もが思わず振りかえったあのローズが、今や路地裏で雨に打たれるライラックになっていた。口さがない連中は、運命に弄ばれたのか自ら招いた結果なのか、と噂しあった。 ローズの腹部は平らで、レスターに子どもは流れてしまったと打ちひしがれた様子で報告した。レスターは慈愛に満ちた祖父のように彼女を慰め、二人は和やかに昼食をとった。  現在のレスターは世界で最も気楽で快活な人間である。プ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (15)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3708.html    十五 一〇〇一話のジョーク ウェイの運転する車は繁華街からひとつ奥まった住宅地へと入っていった。住宅地内の木は青々と茂っており、芝生はきれいに刈られている。暗闇の中で建物の外壁が赤いレンガであるのがぼんやりと見てとれた。ララは訝しげに尋ねた。「ここはどこですか?」。ウェイは「僕の家だ」と手短に答えた。  ララはどういうことなのか理解できずにいると、ウェイは「ここに車を置いてタクシーを呼ぼう。運転しなければ酒が飲めるから」と説明した。 ララは「ああ」と頷いて...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (14)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3707.html 十四 食事に誘った理由  ウェイは窓ガラスの向こうの廊下をララが憂鬱そうに歩いているのを見かけた。急いで部屋を出て声をかけようと追いかけたが、彼女はすでに幹部オフィスのドアの前にいた。  部長の間延びした声がかすかに聞こえる。「ああ、ララ。君の顔を見ると心苦しいよ。会社が君に苦労をかけてすまなかった」。  ウェイは心の中で「このくそったれ!」と罵倒した。その男らしさに欠ける声は子供のころに聞いた「イタチの年始回り」〔ニワトリを狙うイタチが猫撫で声で新年の挨拶に来る寓話〕を思い出させ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (13)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3706.html 十三 報われない苦労   ララはウェイと別れ、ホテルの部屋に戻って湯船につかった。わずかに緩んだ蛇口から、水滴が単調で心地よい音をたてながら三秒ごとにバスタブの水面にしたたり落ち、部屋の静けさをいっそう際立てていた。 温かい湯がララの均整の取れた身体を包み、下した髪はゆらゆらと湯の中に広がる。彼女はバスタブの縁に頭をあずけ、湯気で曇った鏡をまっすぐに見つめながら身動き一つせず深い物思いにふけった。私とウェイはどこが違うのだろう。彼はいつも溌溂として輝いているのに、こんなに...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (12)

https://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3705.html 十二 かみ合わない会話  ウェイは最後のmailを送り、ノートPCを閉じて時計を見るともう夜の8時半だった。首を左右に曲げてこわばった首筋をほぐし、廊下に出て見渡すと人気のないオフィスでララがまだ仕事に没頭していた。   この前の引っ越し騒ぎ以来、彼はララを気にとめて観察するようになり、ララが確かに大変な仕事をしていることを認めざるを得なかった。彼女は一人でたくさんのことを処理せねばならないのだ。  ウェイは少しばかり申し訳なく思い、いつか機会を作って借りを返し...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (11)

http://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3704.html  十一 上司もいろいろ  ララは、部下は上司のために責任を分担すべきだとずっと思いこんでいたので、常にレスターに極力迷惑をかけないよう心掛けていた。  本当に困ってレスターに相談に行っても、決まって自分を鍛えるチャンスを逃すなと言われるだけで、実質的なサポート――彼女をかばって部門長に立ち向かったりリソースを確保するために他部門と談判したりといったアクションをとること――はめったにない。ララは徐々に仕事のルールを理解していった。困りごとは自ら解決するしかないのだ。こうしてレ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (10)

http://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3703.html 十 ボスは誰かを忘れるな    DB中国社長のハワードはハードワーカーで夜九時前に退社することはめったにない。彼はオフィスを出る前に決まってどの部門のどの社員が残っているのかを一通り見まわして確認するのだが、ララが毎日残業しているのに気が付いた。ララが賃貸借契約を迅速に更新したことでハワードはララに好印象を持ったし、彼女がプロジェクト計画のプレゼンをした際にもその仕事への熱意と専門知識が彼の興味を引いた。   ある日の夜、彼が帰ろうとしたときにララがまた残業してい...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (9)

http://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3702.html      九 五%で十分だ     そんなときに上海オフィスの総務課長が突然辞職した。さして影響力のない人物ではあったが、この時期に辞められてはすでに過重な業務負担にあえいでいる総務部にとってはやはり痛手である。レスターは部長代行を見つけられるかどうかにかかわらず、まずはララを逃してはならないと思った。    。   彼はララにこう因果を含めた――ローズが妊娠で体調を崩したため、君の負担はさらに...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (8)

http://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3701.html    八 本社からの指摘と切迫流産    予算案はアメリカ本社に送付された後に突き返された。不動産部のコメントには、この予算案は全社的に規定している世界共通のフォーマットを用いていない、概略のみの説明しかない、データ分析が不足している、さらにプロジェクトの各段階にどのような関連性があるのかを通常の業務フローに則って考慮していない、とあった。      アメリカ不動産部本部長のロスは以下のように指摘した。&...

» 続きを読む

| | コメント (0)

GO! ララ、GO! (7)

http://www.kanunu8.com/files/dushi/200805/553/3700.html    七 細かい話は聞きたくない?     レスターとローズは次のプロジェクトの要点についてミーティングを行うことになった。メイン・イシュー(主な議題)はCEOを迎える準備についてである。レスターは常になくプロジェクトのタイム・テーブルと必要経費の明細をローズに要求した。        彼はこれまで一貫して仕事の細部には口出しをしない方針で、ローズは結果さえ報告すればよかった...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«GO! ララ、GO! (6)